油吸着剤・油処理剤


乳化・白濁化しない!! 生分解性77%以上(OECD規格) 自然に優しい新タイプの油処理剤


商品の特徴

 油を自然界のバクテリアが処理できる超微粒子にまで加水分散させます。ひとたび分散された油分は再付着しませんので油紋やオイルボールが発生しません。
 従来の中和剤(石油生成品)とは違い乳化・白濁現象を起こしません。
また、アスファルト等の舗装を侵すこともありません。
 希釈タイプで10倍~50倍以上に希釈するため経済性に優れています。油の流出事故や整備工場のピットの清掃時・分離槽の清掃等に最適です。


加水分散の模様

オイルを吸着マットで出来るだけ回収


10倍に希釈し散布



散布後良くブラッシングし水洗いする


オイル除去完了


流出油に対する作業手順

1)オイルフェンス等で拡散を防止する。(河川、海の場合)
2)油吸着材(スノムワイド)、又は吸着マットで、できる限り回収する。
3)バイファーゼットでの残油処理作業。


河川・海・分離槽での場合

1.油回収後、30~50倍の希釈液を散布。(高圧洗浄機を使用すると効果的)
2.油紋・油膜が消えればOKです。(スノムワイドとの併用が効果的)
  (消えない時は2~3回散布作業を繰り返してください)


土壌の場合

1.20倍の希釈液を回収出来なかった油量の2~3倍散布し、同量の水を散布。
2.生分解性油吸着材「スノムNS-1]を土壌を攪拌しながら散布 (散布量15kg/m2)
3.1の手順を再度実施。その後3-4日土壌を攪拌し水を散布。


コンクリート・アスファルトの場合

5~10倍の希釈液を回収出来なかった油量の2~3倍散布しブラシ等で、こすり洗い後水で流してください。
(油紋・油膜が消えない時は上記作業を2~3回繰り返しでください。高圧洗浄機での作業では20倍の希釈液でも効果があります。)
スノムワイドで処理後に実施すると効果的です。

流出油の種類 希釈液使用量の目安
原油・重油 油の約5倍以上
軽油・ガソリン・灯油 油の約5倍以上
潤滑油等 油の約3倍以上

従来の洗剤との違い1
比較項目 従来の洗剤 バイファーゼット
価格・使用方法 安い商品 原液で使用
高い商品 200~300倍希釈
5~500倍希釈の為経済的
油の物性 高分子状態を維持
自然分解がしにくく、
油が腐敗し悪臭を発生
スポンジやたわしに油分が残る
微細化。
自然分解され油が残らない為
悪臭の発生を抑えられる
スポンジやたわしに油分が残らない
発泡性 難分解 生分解しやすい
水素イオン濃度 一般にアルカリ性 中性
臭い 一部香料入り 無臭
一部着色料入り 無色
界面活性剤 20~70% 5.5%以下
人体への影響 肌荒れ、爪割れ 無害
施設への影響 排水管、桝、側溝での詰まり
オイルボールの発生
排水管、桝、側溝での詰まり解消
オイルボールの発生無

従来の洗剤との違い2
比較項目 従来の洗剤 バイファーゼット
価格・使用方法 安い  原液で使用 10倍以上希釈の為経済的
中和の状態 白濁・乳化し、油分の再凝集が有る。 水中に分散し、再凝集しない。
舗装・塗装面への影響 舗装面をボロボロにする。
塗装面を剥離させる。
影響無。
備蓄量 石油生成品の為、
消防法上一定量以上の備蓄不可。要届出。
制限無。
届出不要。
種類も豊富に!!


お問い合わせ先

お問合せフォームまたは吉田石油本社ホームサービス課(電話:0178-28-3100)までお気軽にお問い合せ下さい。

 お問い合わせはこちら